かわいいシェットランド・シープドッグの子犬を迎えたい! 特徴と飼育法は?

通称シェルティーとも呼ばれるシェットランド・シープドッグは中型犬の長毛種で、コリー人気と相まってそのふさふさの毛に憧れる方も多いのではないでしょうか。

ふわふわで綺麗な毛並みをしたシェルティは見た目の美しさからも
長年愛され続けている犬種です。

シェットランド・シープドッグは牧羊犬としての歴史があり、そのため他の狩猟犬とは違う性質や特徴があるので、お迎えする前に知っておく必要があります。

スポンサードリンク

<もくじ>

シェットランド・シープドッグの特徴
魅力溢れるシェットランド・シープドッグはかわいいだけじゃない!
シェットランド・シープドッグの飼育法
シェットランド・シープドッグの子犬はどこで買える?
まとめ

シェットランド・シープドッグの特徴

体高:33~40cm
体重:6~10kg

原産国はイギリス北部のシェットランド諸島で、昔から牧羊犬として人間のパートナーとして活躍していました。

諸説ありますが同じスコットランド地方のラフコリーやボーダーコリーと起源が同じであろうというのが定説で、スパニエル種やポメラニアンと交雑され、

コリーよりも小さなシェットランド・シープドッグが、今現在に定着したであろうといわれています。

シェルティは牧羊犬らしく長い持久力と高い運動能力を持っています。
広い牧場で羊を追い集める仕事と畑の作物を守る仕事をしていたので、動くものや音にとても敏感である特徴を持っています。
それゆえ、番犬としても役目を果たすことが可能です。

また飼い主に忠実でありながらも、人間にもよく慣れ、人の感情を汲み取る性質を持っています。
賢い犬種であるゆえに、主従関係をきちんと構築しないとずる賢い子に育ってしまうので要注意です。

スポンサードリンク

魅力溢れるシェットランド・シープドッグはかわいいだけじゃない!

シェルティの魅力はやはりその長い被毛ですよね!
長い毛をなびかせて颯爽と走るシェルティの姿はとても魅力的です。

ですが、その見た目の美しさだけではなくシェルティにはもう一つ隠された魅力があるのです。

それは人を喜ばせることが大好きなこと。
知性が高いシェルティは人の感情を読むことに長けています。
それ故、飼い主が大事にしているもの(例えば家族や子供)を感じ取り、同じように愛してくれます。
寝てる我が子をじっと見守っていたり、子供が危ないことしていたらを止めてくれるシェルティもいたそうです。

また自分のおもちゃを飼い主に持ってくる子もいます。
「これで一緒に遊ぼう」と持ってくるときは飼い主の感情に何かを感じ取ってるともいえます。

気分が落ち込んでいるときにはそっと傍に寄り添ってくれたりもしますし、とても良いパートナーになれること間違いなしです。

スポンサードリンク

シェットランド・シープドッグの飼育法

飼い主に対してとても従順で愛情深いシェルティですが、躾を怠るとわがままで自我が強い子に育ってしまいます。
では、どんなことに注意して躾すればよいのでしょうか。

吠え癖
元来牧羊犬なので吠えて羊を追いまわしたり、侵入者や音に敏感に反応して吠える性質を持っています。
無駄吠えをおさえるためには、子犬のころからの躾にかかっているので最初から手を抜かず躾しましょう。
ちなみに、「要求吠え」は無視すること、インターフォンや物音に反応しての「警戒吠え」は鼻ピンをして一言「イケナイ」「ダメ」と注意しましょう。
吠え方により躾の仕方も変えるのがポイントです。

噛み癖
動くものに対して敏感なシェルティ。歩いていると反応して踵を噛んでしまうことがあります。
子犬の時は対して痛くはないのですが、そのまま大きく育っていったら大変です。小さいうちから躾て噛み癖をなくしましょう。

リーダーウォーク
十分な運動が必要なシェルティですから散歩は大好きです。
興奮して飼い主より先を歩いてしまったり、好奇心からリードを引っ張って歩いてしまいがちですが毅然とした態度で
常にリーダーウォークするよう心掛けてください。

飼い主の感情を読み取るのに長けているシェルティですから、根気よく教えればすぐにマスターしてくれますよ。
また、日常生活でも目を見て指示を出すことに慣れておくと深い信頼関係が生まれます。

スポンサードリンク

シェットランド・シープドッグの子犬はどこで買える?

シェルティを購入するには1.ペットショップ 2.ブリーダー 3.里親になるの3種類あります。

ペットショップ
近年では小型犬がブームなこともあり、いつ行ってもシェルティに会えるとは限りません。
信頼できるショップであればスタッフに相談することをお勧めします。
大きなショップですと全国の店舗にいる子を写真や動画で見せてくれますし、気に入ったらそのショップに運んできてくれます。

ただし、あまり信頼できないショップでは購入しないようにしましょう。
ケージに入れられてる子のトイレが汚れたままだとか目やにで目が開かなくなってる子がいるかもしれません。
飼うつもりがなくても、ケージやガラスケースに入ってる子たちの様子を見ましょう。

ちなみにお値段は毛色によってもそうですが、その時の流行りに左右されやすいのもペットショップです。
昨今の流れを見てみると犬よりは猫のほうが人気があり、また大型犬や中型犬よりも小型犬が人気があります。
そのため、シェットランド・シープドッグは22万~が相場となっています。

ブリーダー
インターネットでブリーダーを検索すると出てきます。
良質なブリーダーさんのポイントは一つの犬種のみを育てられているところです。
様々な犬種を販売しているブリーダーさんは人気種だからという理由で交配している可能性が高いです。
本来ブリーダーはその犬種が好きで極めています。なので、そこで生まれた仔は愛され、大事にされています。
相談からでも快く引き受けてくれるブリーダーさんも多いのでまずは見学からしてみるといいでしょう。

里親
全国にある保健所や動物愛護センターから引き取ることもできます。
もちろん純血種の子犬はなかなかいませんが、これらの施設には毎日多くの犬が収容されています。
悲しい結末を迎える子を減らすためにも一度は訪れてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

ふわふわな毛並みが目を惹くシェルティ。
毎日のブラッシングは欠かせませんがそれを考慮しても余りある愛情を与えてくれる犬種です。

芝生を走り回るぬいぐるみのような子犬からお迎えできると生涯の良きパートナーになれることでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク