フェレットは大学生の一人暮らしでも飼えるの?臭いの対策や費用は? 

 皆さんは、フェレットという動物を、知っていますでしょうか?

昨今、大学生でフェレットを飼いたいという方が増えているということを知りました。今回は、フェレットが一人暮らしでも飼育できるのか?フェレットの臭いの対策方法や飼育にかかる費用についてなどのご紹介をしたいと思います。

スポンサードリンク

目次
フェレットは一人暮らしでも飼育できる?
大学生の一人暮らしでも大丈夫?
フェレットの臭いの対策方法について
フェレットの飼育にかかる費用は?
まとめ

フェレットは一人暮らしでも飼育できる?

 フェレットは人懐っこい性格で、犬や猫よりも小さい動物です。ケージで飼育することができるため、留守中に部屋を荒らされる心配も少ないですし、鳴き声も小さいため近所迷惑になることもあまりないと思います。食事も基本的にはフェレットフードと新鮮なお水を毎日用意してあげられれば大丈夫です。ケージから出して遊んであげる時間は毎日必要ですが(1日1時間程度)、外に散歩に行く必要はありません。その為、一人暮らしの方のでも比較的飼育しやすい動物だといわれています。

スポンサードリンク

大学生の一人暮らしでも大丈夫?

 大学生の一人暮らしの方で、ペットを飼いたいという人が増えています。フェレットを飼ってみたいという方も増えているようです。フェレットは、1日の睡眠時間が多く、平均18時間ぐらいです。その眠りも、とても深く1度寝たら中々起きないのも、特徴の1つです。ずっと寝続けているわけではなく、トイレに行ったり、食事をしたりしています。朝、フードとお水を用意し、おトイレのお掃除などをしていってあげれば、日中留守になってしまうことの多い学生の方でも比較的飼育がしやすい動物だと思います。夜、帰宅してから遊んであげる時間をとってあげることで、ストレスも解消されると思います。留守の間に事故が起こらないよう、安全な環境を用意してあげて下さい。

スポンサードリンク

フェレットの臭いの対策方法について

 フェレットには、獣特有の独特な臭いがあります。まずはペットショップに行き、フェレットの臭いがどんなものなのかを確認してみて下さい。ペットショップで販売されている個体は、一般的に去勢避妊手術と、臭腺の除去手術が済んでいる個体が多いですが、稀にまだ手術が終わっていない個体もいますので、その場合は必ず手術をするようにしましょう。手術が済んでいても、臭いがしなくなるわけではありません。ケージの掃除や、ハンモックの週1回のお洗濯、1カ月に1度のお風呂や、ペットに害のない消臭剤、空気清浄機などを使用して、臭い対策をしておくと効果があると思います。

スポンサードリンク

フェレットの飼育にかかる費用は?

 フェレットを飼うために必要な物は、少し広めのケージ、トイレとトイレ砂、ハンモック(寝床)やケージマット、フェレットフードとエサ入れ、給水ボトル、お手入れに必要なシャンプーやイヤークリーナー、爪切りなどです。生体購入価格も含めると、初期費用は7万円から10万円程かかります。生体の価格は、種類やカラーバリエーションによって変わってきますので、事前に、飼育したい個体の相場を調べておくと、飼育に必要な費用が分かると思います。月々にかかる費用は、フェレットフード代とトイレ砂やお手入れ用品の買足しなども含め、4千円から5千円程です。その他にかかる費用としては、体調管理のための診察代や年に1回のジステンパーの予防接種代金などの医療費になります。フェレットの診察をして下さる動物病院が近くにあるかどうか、フェレットを購入する前に、あらかじめ調べておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

今回は一人暮らしの方にもフェレットは飼育できるのか?臭い対策や、飼育にかかる費用などについて、ご紹介をさせて頂きました。フェレットは人懐っこくてとても可愛いい動物です。信頼関係を築くことにより、いっそう仲良くなることができます。毎日のフェレットLifeを楽しんでいただけたらと思います。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク