ハムスターの食べ物に野菜を加えてもいい?野生では何を食べていたの?

ハムスターがエサを食べているところはとっても可愛らしいですよね。

ハムスターは、野生では主に何を食べていたのかご存知でしょうか。そして飼育しているハムスターの食事も気になるところですよね。

今回はハムスターの食べ物と野生では何を食べていたのかご紹介します。

スポンサードリンク

<目次>
ハムスターの食べ物ペレットとは?
ハムスターに野菜を与える時のあげ方
ハムスターに果物などは与えてもいいの?
ハムスターは野生ではどんな食べ物を食べていたの?
まとめ

ハムスターの食べ物ペレットとは?

ハムスターの食べ物ペレットとは、ハムスター用に栄養バランスを考えて配合された総合栄養食のことで、主食として与えるものです。

キャットフードやドッグフードと同じようなものと考えていただいたら良いと思います。

ハムスターに必要な栄養素、粗タンパク16%から18%、粗脂肪5%、粗繊維12%から15%ぐらいが理想ですが、メーカーによって違うので一つの目安としてペレットを選ぶ時の参考にしてください。

ペレットにはハードタイプとソフトタイプがあります。小さいうちや、老年期のハムスターにはソフトタイプを、若い元気なハムスターにはハードタイプと分けて与えるのが良いです。

ペレットには、ヒマワリの種やドライ野菜、フルーツを混ぜたミックスタイプもありますがハムスターは好きなエサだけ食べてペレットを残してしまうので、ミックスタイプは避けた方がいいですね。

スポンサードリンク

ハムスターに野菜を与える時のあげ方

ハムスターに野菜を与えるときは、エサ入れに入るくらいの大きさにちぎって与えてください。あまり大きすぎるとハムスターが食べづらいですよね。

ハムスターに与えてもいい野菜は、小松菜、キャベツ、ニンジン、ブロッコリー、サツマイモ、カボチャです。

丁寧に流水でよく洗ったものをそのまま与えても大丈夫ですが、軽く茹でてから与えると甘味が増して食いつきがよくなることもあります。

レタスやキュウリなどの水分の多い野菜は、ハムスターがお腹を壊す原因になるのでなるべく与えない方が無難です。

食べさせてはダメな野菜は、ネギ、ニラ、ニンニク、セロリ、玉ねぎ。これらを与えると中毒を起こし、最悪の場合生命に関わるので絶対に与えてはダメです。

スポンサードリンク

ハムスターに果物などは与えてもいいの?

ハムスターに果物を与えても大丈夫です。

しかし食べても大丈夫なもの、ダメなものがありますよ。

  • ハムスターに与えても良い果物

イチゴ、リンゴ、メロン、ナシ、ミカン、オレンジ、バナナ

注(リンゴとナシは必ず種は取り除いてください。種はハムスターには毒です。)

また生の果物ではなくドライフルーツもオススメです。購入するさいは必ず小動物用のドライフルーツを購入するようにお願いします。

  • ハムスターに与えてはダメな果物

柿、ブドウ

柿の中にはタンニンと言われる渋味成分がたくさん含まれています。このタンニンはハムスターにとっては毒になります。

ブドウは犬や猫でも中毒症状を起こすので、与えない方が良いと思います。

果物は糖分と水分が多いので、肥満の原因になったり、下痢の原因になるので、ハムスターとコミュニケーションを取りたい時、おやつとして時々与えるのが理想です。

スポンサードリンク

ハムスターは野生ではどんな食べ物を食べていたの?

ハムスターは野生下では雑食性で、野生では木の実、穀物(米や麦など)、野菜、果物、昆虫、を食べて生きてきました。

また水の少ない砂漠地帯に住む動物だったので、水分はエサから吸収するので水を飲むことはあまりありません。水を飲むときは無防備で他の動物に狙われやすいですしね。

スポンサードリンク

まとめ

ハムスターのお食事についてまとめました。普段の食べ物はペレットで充分なのですが、飽きないように野菜や果物でハムスターとコミュニケーションを楽しみましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク