アロワナってどんな種類があるの?色や値段は?高い理由について!

皆さんは大型の古代魚であるアロワナをご存じですか?
アロワナは大型水槽をやりたい人の憧れであり、またアロワナにも沢山の種類がいるんですよ(^^♪
そんなアロワナを飼育したい人は必見!どんなアロワナがいるのか、値段などなど、徹底解説します!

スポンサードリンク

<目次>

アロワナって?
アロワナの種類や値段は?
アロワナの色や値段は?
中国にいるアロワナが高い理由は意味がある?
まとめ

アロワナって?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

アロワナは淡水域に生息し、分布としては主に南米が最も多く、他にもインドネシア・マレーシア・オーストラリアなどがあります。
大型に成長する種類が多く、古くから姿が変わらないとされている古代魚です。食事は肉食で、南米の河川では小魚・木に止まっている昆虫などをジャンプして食します。
肉食とはいえ穏やかな魚ですので、アクアリウム用観賞魚としてとても人気です!

スポンサードリンク

アロワナの種類や値段は?

アロワナには様々な種類がいます!主に人気の種類をご紹介します(^^♪

  • シルバーアロワナ

出典:https://nettaigyo-forest.ocnk.net/

南米に生息し、値段は¥1,000~3,000

  • ブラックアロワナ

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

南米に生息し、値段は¥18,000~20,000

  • ノーザンバラムンディ

出典:https://ameblo.jp/sunmarine-tropi/

オーストラリア大陸に生息し、値段は¥4,000~5,000

  • スポッテッドバラムンディ

出典:https://ameblo.jp/sunmarine-tropi/

オーストラリア大陸に生息し、値段は¥20,000~50,000

  • アジアアロワナ

出典:https://natgeo.nikkeibp.co.jp/

ユーラシア大陸に生息し、値段は¥40,000~3,000,000

スポンサードリンク

アロワナの色や値段は?

アロワナには様々な種類もいますが、色も多数あるんですよ。
主に色として楽しむなら【アジアアロワナ】のファンが多く、今回はアジアアロワナの色についてご紹介します(*^-^*)

金龍系

  • 過背金龍…¥40,000~

    アロワナ水槽 過背金龍 ゴールデンヘッドの成長 検証動画




  • 高背金龍…¥40,000~

    アロワナ成長の記録【高背金龍#1】

     

  • 紅尾金龍…¥40,000~

    アジアアロワナ紅尾金龍の成長まとめてみた

紅龍系

  • 血紅龍…¥100,000~

    血紅龍

     

  • 辣椒紅龍…¥100,000~

    #アジアアロワナ #辣椒紅龍 ALTIMA 飼育記録Part2(二か月経過)

     

  • 黄龍✖紅龍…¥100,000~

    バンジャールレッド アロワナ パロットファイヤー 90センチ スリム 水槽 GEX

青龍系

  • 青龍(グリーンアロワナ)…¥30,000~

    グリーンアロワナ 青龍のススメ

     

  • 唐草青龍…¥40,000~(生体数が少ない為値段はバラバラ)

    唐草アロワナ😎別名ナミグリーン

その他

  • プラチナグリーンアロワナ…(値段はショップに依存)

    プラチナグリーンアロワナ ±10cm 140-002440



スポンサードリンク

中国にいるアロワナが高い理由は意味がある?

出典:https://www.asiax.biz/

中国では【龍魚】と呼ばれ、龍が権力と繁栄を象徴すると言われています。
華僑(海外に移住している中国人)などを中心に、紅龍系のアロワナは幸運を呼ぶとして、愛好家が多くいるんですよ(^^♪
その為、高値で取引されているんです。

ところで、野生のアジアアロワナが現在は国際取引が禁止されているのをご存じでしょうか?
アジアアロワナは野生ではほとんど姿を消してしまいました。
当初はアジアアロワナは食用として食卓に並ぶ魚だったのです。
近くの沼から釣ってきてその日に食べるような魚ですので、高価でも特別でもありませんでした。
ですが非常に繁殖が遅い事から国際自然保護連合のレッドリストに載せられてしまい、国際取引が禁止されてしまったのです。
取引が禁止された事で価値が高まり、今の歴史につながります。
現在では養殖場で毎年のように数十万匹が育てられています。その為、絶滅危惧種でありながらも養殖しているアジアアロワナについては取引が可能となっています。
もし飼育する場合はマイクロチップの挿入、登録票が必要となり、必ず販売する側も登録票の記載が必須となっています。

スポンサードリンク

まとめ

アロワナの優雅に泳ぐ姿はやはり見ていて素晴らしいですね!
アジアアロワナは高額な為に中々手に入らないのもありますし、ハードルも高いですが、オーソドックスなシルバーアロワナから始めるのもいいですね(^^♪
皆さんよきアクアライフをお送りください!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク