【ハムスターの飼い方】夏も冬も快適に暮らせる温度とは?

ハムスターは小さくて、周りの温度に影響を受けやすいんです。

夏は熱中症が心配だし、冬は冬眠に入ってしまうかも・・・。

夏の暑い時も、冬のさむーい時期もハムスターが快適に過ごせる温度管理と飼い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

<目次>
ハムスターに適している温度とは
ハムスターの夏の飼育方法
ハムスターの冬の飼育方法
その他温度関連についての注意点
まとめ

ハムスターに適している温度とは

ハムスターが過ごしやすい温度は20℃〜26℃、湿度は40%〜60%です。

私たち人間もこのくらいだととても過ごしやすいですよね。

しかし、絶対この温度にしなければならないわけではなく、夏の暑い時期は27℃〜30℃以上を超えないようにすること、冬の寒い時期は10℃以下にならないようにすることが肝心です。

ハムスターを飼育する時は温度計、湿度計を準備しましょう!

スポンサードリンク

ハムスターの夏の飼育方法

暑くて、湿気も多い日本の夏をハムスターに快適に過ごしてもらう夏の飼育方法についてみていきましょう。

夏の暑さ対策で1番に使えるのはやはりエアコンを使って部屋全体を冷やすことですよね。

部屋の中でなるべく1日中温度が変わらないところにハムスターのケージを置くようにして、エアコンの冷たい風が直接当たらないように気をつけてあげてください。

30℃を下回る場合、保冷剤や凍らせたペットボトルをタオルで包んだものをケージの上や横に置いてあげるだけでも少しの間なら冷やすことができます。

ペット用の冷たく感じるボードなどをケージの中に置いてあげるのも良いですが、これは一時しのぎと考えて基本的に夏はエアコンで温度管理を行いましょう。

スポンサードリンク

ハムスターの冬の飼育方法

ハムスターは温度15℃ぐらいまで下がると冬眠の支度を始めて、10℃以下になると冬眠状態になってしまいます。

飼育下のハムスターは冬眠に入ったらそのまま亡くなってしまう事故があるので冬の温度管理も欠かせません。

冬もエアコンやストーブなどで暖房器具で暖めてあげたいところですが、夏と違って1日フル稼働することはしにくいかと思います。

なので、ハムスターのおうちであるケージの環境を冬仕様にしてみましょう。

床材を多めに敷く

床材を多めに敷くことで保温効果が高まります。ハムスターがもぐれるくらいが良いですね。

ペット用ヒーターを使う

ケージの下に敷くタイプや、ケージの中で使うヒーターです。サーモスタット付きのものなら尚良いです。

中にはハムスターが入れる巣箱タイプのヒーターもあります。

ヒーターを使う場合はハムスターがちょっと暑くなってきたかも・・・と思った時のために熱くない場所も作っておいてください。

段ボールで断熱

ケージの下に段ボールを敷き、ケージの周りも段ボールで覆います。段ボールは断熱効果抜群なので、下からの冷気を遮断できます。段ボールで全面覆う際は、空気穴を開けるのを忘れないでくださいね。

ケージを変える

金属製の網ケージからプラスチックやアクリル製のケージに替えると、より暖かくなります。ハムスターがびっくりしないようにハムスターの匂いのついた床材をあらかじめ入れておいてからのケージ移動がおすすめです。

スポンサードリンク

その他温度関連についての注意点

健康で若いハムスターなら前述しましたとおり室温20℃から26℃が最適ですが、種類によって差があります。

ゴールデンハムスターに代表される大きなハムスターは寒さに弱く、ジャンガリアン、ロボロフスキーのような小さいハムスターは暑さに弱いので、季節が変わる前から温度管理に気をつけてください。

スポンサードリンク

まとめ

ハムスターが快適に暮らせるような方法についてご紹介しました。夏はエアコンで室温を下げる、冬はとにかくハムスターの周りの温度を下げないようにすることが、大事ですね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク